必見!治療した後の歯の痛み

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、治療後の歯の痛みについて説明させていただきます。

むし歯の治療で歯を削って詰めたり、型を取ったりした後、麻酔が醒めてからの食事で歯が痛くてものが噛めなかったり、冷たい飲み物がしみたりした経験がありませんか?

神経の生きている歯は 治療による刺激、麻酔による影響などで、数時間から数日間 痛みが出ることがあります。 その場合、主治医などから術後についてのアドバイスを確認した上で、慌てず 数日間は様子を診てみる事が大事です。

これは、身体が反応して、治療した歯に無理をさせないように、安静期間をおかせていると考えて下さい。 

誤解を恐れずに云うと、慌てて主治医に痛みを訴え続けると、それに応えてあげなければとときに本意ではありませんが、残せる可能性のある神経を取らざるを得なくなる事もあります。

歯を削るという事は、身体の一部に損傷を与えるのですから、身体が正しく反応した結果、一定の期間、痛みを感じたりする事もあるのです。

 

もちろん、治療後 何事もなく回復することがほとんどだという事も申し添えておきます。

なお、治療後から痛みが日に日に増長していく場合は、この限りではありませんので、次の治療が必要になります。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

 

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です