カテゴリー別アーカイブ: 削らない虫歯治療

「まだ無症状なのに、むし歯?」の盲点!!

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、「まだ無症状なのに、むし歯?」の盲点について説明したいと思います。

「こんなむし歯、貴方は発見できますか?」

下の画像、貴方はどの歯がむし歯になっているか発見できますか?


歯科医自身も、うっかり見落としてしまい易い 事例です。

丸いデンタルミラーの中、左端の奥歯はすでに治療されてます。
真ん中の歯の黒い部分・・・・・・・?。

違います!!
下の画像の通り


こんなところに むし歯が潜んでいたのです。

慎重にむし歯の部分を除去していくと、かなり大きなむし歯でした。
なんと、
むし歯は2本、左の第2小臼歯は両側とも むし歯です。全部で3か所。
気をつけて欲しい「歯と歯の間」。

この場合、滲みたり痛みがない無症状でも、悪い部分を削り取って治療を施さなければいけません。
見落としていたり放っておくと、どんどん進行して 歯髄(俗名 神経)まで浸潤してしまいます。
歯を削られたくない! 歯を削らない! の 風潮から むし歯を放置されやすい事例が 増えているように感じています。
「まだ我慢できるから様子を見て、症状が出てから受診しよう。」なんて思われている方いませんか?
当院では、最近 新型コロナウィルス自粛の影響などもあり、治療のタイミングが遅れむし歯の進行で 受診した時には歯髄を温存できるか否かで 難しい選択を強いられています。
せっかく歯髄を保存してみたものの、結局、高い確率で神経を取らざるを得ない事になります。
残念です!


この事例は、むし歯をきれいに除去して、治療を完了しました。
救いは、歯髄を取らずに済んだ事です。

 こういう症例では、歯ブラシとは別にデンタルフロスを上手く利用しましょう!!

定期健診ではこのようなむし歯を、早く発見出来る事がよくあります。
もちろん、むし歯にならないように お口の健康のお手伝いをしていく事が 当院の定期健診の狙いです。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

歯を出来るだけ残す、根の治療の今!!

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。


今回は、歯を出来るだけ抜かずに残す、根管治療(以下、根の治療)についてお話しします。

根管治療
(歯の神経を取ったあと、根の中に細菌等が入らないように詰め物をする治療を指します。)
むし歯を放置しひどくなると、歯の根の先端に膿がたまるようになります。
上のイラストがその状態です。
以前はこれを繰り返すと中々治らず、ついには抜歯になる事も多かったのですが、現在は、根の治療精度が向上し、確実な殺菌消毒により感染源を絶つことで膿が消滅し歯を残せるようになってきました。

歯髄を除去する(いわゆる歯の神経を取る)治療
歯の神経を抜く治療、炎症や感染を起こしてしまった歯髄は、ひどい痛みも伴います。
まず痛みを止め、病変がまわりに広がらないようにするため神経を取らなければいけません。

よく神経を取ってしまうと歯の寿命が縮まると云われますが、それは正確ではありません。
神経を取ったからといって、歯が弱くなり歯周病になりやすくなったり早く抜歯になったりするとは限りません。
歯にとって感染し有害な状態となった神経を取り去り、適切に治療を行えば、神経の残っている歯と寿命は変わらないと考えています。
そうならないようにきちんと治療を行うのが歯科医の役目なのです。



根管充填(歯の根の中をきれいにし細菌等が入らないように詰め物をする)治療
取った神経の鞘は、細菌等が侵入しないように詰め物をしておきます。
実はこの根充といわれる仕上げの治療が、非常に煩雑で難しいのです。
私自身も、より優れた治療法を求め、3年前までの治療法から、2年前、1年前と新たな術式に変更してきました。
目的は、歯の寿命を延ばすために、細菌等の侵入を防ぐための確率を高める事です。
昨年より、従来の発想を変えた新たな術式を取り入れる事にいたしました。
この治療法が、現在、最も目的に適うと確信しています。


上の写真は 安全確実なシングルポイント充填法での材料と術後のレントゲンです。
この術式が、治療後の再発防止に高い効果を発揮する事を期待しています。

話が長くなりましたが、根の治療は歯の寿命に大きく関わります。
生きている歯の神経が痛みだした時は、歯内療法の専門医か、一般医では根の治療に時間を厭わない丁寧な歯医者さんがおススメです。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

 

痛くない治療を受けたいの本質について!(その3)

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

先々月の続き、痛くない治療を受けたいの本質について!(その3)
実際の治療についてお話ししたいと思います。

* 当院では、出来るだけ侵襲の少ない治療から進めています
最初に痛みが少ない治療を受けると、次からの受診で「お互い」の身体の緊張がほぐれ、安心して治療が受けられるようになります。
お互いと書いたのは、私自身にも患者さんの緊張の具合が伝わります。共にリラックスした上で治療を進めることが、安心安全でやさしい治療に繋がっていると考えています。


* 痛みの症状が現れてきたときは、軽いうちに受診する
軽いうちにと書くと痛みの強さを思い浮かべますが、症状の軽さも含みます。
症状とは、「歯の間に物が詰まる。冷温痛がしみる。入れ歯の不具合。」など、ご自身が気になっている症状を放置してはいけません。

* むし歯の症状に注意する
ズキンズキンと沁みて痛かった歯が、まだ治療も何もしてないのに、沁みなくなった。
それは治ったわけではなく歯の神経の一部が死んで次に進行した可能性も否定できません。
それでも放置していると、ある時からもの凄い痛みが出現したり、慢性化すると何度も腫れて膿が出る症状を繰り返し、ついには歯を残せなくなる事にもなります。

* 冷たいものが沁みる症状に注意する
冷たいものが沁みると訴える患者さんを目にします。
しかし、冷たいものが沁みるだけで全てむし歯だと早合点しないでください。
その瞬間だけなど一過性の沁みる症状なら健全な範囲とご理解ください。
知覚過敏予防などの歯磨剤でしばらく経過を見てください。

それでも不安なようでしたら、歯科医院にて知覚過敏処置を受けると良いと思います。 

* どの歯が痛いか特定できない
むし歯が進み歯の頭の部分が無くなっても、抜かずに残せる可能性もあります。
しかし長い間むし歯を放置してしまうと、いざ痛みが出現した時どこがどのように痛いかうまく表現できず、すぐさま処置に入れない方を何人も診てきました。
悪い歯が特定出来ないうちは治療にかかれません。
それはいつまでも酷い痛みに耐えなければならないことになります。

どこがどの様に痛いか明確にわかる内は、より早く痛みを和らげる事が出来ます。

お口の健康を疎かにすれば、外科手術や
高度な医療が必要となるかもしれません。
治療が複雑になればなるほど、当然、来院日数も期間も伸び、痛みを伴う機会もどんどん増えていくでしょう。

*特に症状のない方も 定期的な専門的ケアをお勧めします。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

知っておいて欲しい!! 歯医者さんの定期健診2!

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、貴方の考えが変わる当院の定期健診について その2!!

当院で行っているメンテナンスの特長をご説明します。

従来の定期検診は、早期発見・早期治療(むし歯や歯の疾患を早期に診つけ軽度のうちに治療を行う)を目的としていました。
でも、それでは一度削られると元には戻せない歯の真の健康を維持する事は出来ません。


当院では、ご自身のホームケア(お家で行う歯ブラシ等による予防)だけでは、100%の予防は困難だと考えています。
お家で出来る予防に、プロフェッショナルケア(専門的な予防)を加える事で、より完璧なプラークコントロールを目指しています。
それが歯を出来るだけ削らない、予防の実績に繋がっています。


更に 受診の際に、ご自身に合った歯ブラシを購入してもらう Myハブラシ制を導入する事で、歯科衛生士から適切なアドバイスを受けご自身のブラッシングの精度を高めてもらいます。
これを定期的に継続する事で徐々にセルフケアの質を高めていくシステムを確立しました。

最後に、P.M.T.C.(専門的な歯のクリーニング)+G.ma.(歯肉マッサージ)を ご希望の方に実施しています。
これによりいっそう気持ち良くお口の爽快感が増し、お口の健康に自信と関心をもってもらう事も忘れていません。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

知っておいて欲しい!! 歯医者さんの定期健診!

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、貴方の考えが変わる当院の定期健診について!!

今や歯の健康維持に定期的メンテナンスは欠かせません。

なぜかと言うと、身体は風邪をひいて熱が出て咳を伴っても、お薬を服用し熱が引き咳が収まると元の身体に戻ります。
でも、歯は他の臓器と違って一度むし歯に罹患し削られた歯はもう元には戻りません。
下の写真、出来てしまったむし歯を 跡がわからないくらいに綺麗に修復できました。
しかし真実は、削られたむし歯の部分を人工の充填物に置き換えただけなのです。


        

つまり、取り換えの利かない歯は、むし歯にならないように予防する事メンテナンスとして重要なポイントとなるのです。
加えてその間の日常はむし歯になりにくい生活習慣を作り予防する事なのです。

当院の定期健診は、平均4か月毎、4,5回の来院をして頂く、効果的な予防処置をシステム化しています。
そしてポイントは、より簡単で、痛くなく、気持ちよく、安価に」 です。
是非、定期的メンテナンスを継続するライフワークを推奨いたします。

貴方は、むし歯が出来てから治療する派? それともむし歯が出来る前に予防する派?

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

 

 

必見!!たくさんのむし歯を治すコツ!!

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、たくさんのむし歯を何とか治したいと願う患者さんに向けて、ポイントをお伝えします。

そもそも、むし歯がどうしてこんなに増えてしまったのでしょうか?
たくさんのむし歯は何年もかかって増えていったと推測されます。

貴方が悪いところは全部治したいとお考えなら、まずむし歯の治療の手順を知ってください。

❶ C2 軽度のむし歯は、感染した部分を取り除いて充填すると完了です。
 治療回数は、1,2回。
❷ C3 中等度のむし歯になると、神経(歯髄)を取って痛みを和らげたのち消毒して歯の根にお薬を詰めます。それから詰め物または被せ物を装着して完了です。
 治療回数は、一気に増え6,7回。
❸ C4 重度のむし歯になると、ついには歯を抜いた後、その隙間を埋めるため、
 治療回数は、更に増え多くの時間と回数が必要となります。

下図の番号がそれぞれの状態を表しています。


⓪ 予防処置のみ  ❶   ❷    ❸

おわかりですか?
治療は出来るだけ軽度のうちに治す。中等度に進んだ場合、1歯づつ必ず被せて完了まで終える。
これを守れば、たくさんのむし歯のほとんどを治す事が可能です

悪い例です。
受診のきっかけは、歯の痛みです。何度かの治療で痛みが和らいだ。
治ったと勘違いして通院を中断した。
時が立ち 別の歯が痛くなって同様の治療。痛みがなくなってまた中断。

「たびたびの中断」これが、貴方がやってはいけない、そしてたくさんのむし歯に悩まされる原因の1つだったのです。

かかった歯の治療は、必ず最後まで!
出来るだけ、一歯づつ完了していく事が大切です。

どんなにたくさんのむし歯も、必ず到達点が見つかると信じています。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

油断大敵!! 見落としやすい初期むし歯!

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、見落とすと大変、むし歯の隠れ家についてアドバイスさせていただきます。

奥歯を覗いてみると、歯の表面に黒い溝や点の部分を発見する事があります。
歯科検診でも、こういった症例の多くは、むし歯の進行の少ない要観察歯(C₀)と診断されます。
つまり、削らず 経過観察のみとなります。

ところが、実はこの黒い部分の下には大きく深いむし歯が隠れていました。
明確な症状は出ていませんでしたが、より精査した上で黒い部分を取り除いていくと下にとても深いむし歯が診つかりました。

何とか神経を取らずに済みましたが決して初期ではなく一刻も早く治療を要する大きなむし歯でした。


歯をあまり削らないという風潮の陰で、こういった症例が時々見受けられます。

皆さん、くれぐれも油断のなきように 定期的に健診を受けておきましょうね!!

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00 午前中のみ
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

 

必見!! もっと上手にかかろう歯医者さん!!

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、歯医者に上手にかかるコツについてアドバイスさせていただきます。

誤解を恐れずにいうと、医院へのかかわり方が下手な方がたくさんいらっしゃいます。
貴方の歯の悩み解決の近道!!

 主訴は簡潔に
初診では、まず具体的に ”いつから、どこが、どのように” と、今一番気になる歯 または症状を主訴として訴えるのがマルです。たくさんあるときはまずターゲットを絞って伝えるようにしましょう。

❷ 他の訴えは、主訴を終えてから
最初から、あれもこれもと不快症状をやみくもに訴える方がおられます。
たとえ気になるところがたくさんあっても、そこは焦らず1歯1歯治療を進めていく事が解決に繋がるキッカケになります。 他の訴えは、主訴の治療を終えてからです。

 結果を急がない
何度か治療を重ねていくと「だいぶ回復した。あまり変化がない。前より痛みが増した。」など、経過を主治医や担当スタッフに伝えると効果的です。それにより、他のむし歯などの症状と比較したり、違いなどに耳を傾けられるようになります。一番気になるところから一つ一つ治療していく事で、主な原因がどこであるかを絞っていけるようになり、徐々に解決していくようになります。
決して慌てず焦らずが大事です。

❸ 歯の治療はピンポイント
永久歯の数は全部で28本、智歯を含めると32本あります。
患者さんの訴える症状とこちらの診断結果が一致しない場合 安易に治療には入りません。
炎症が緩和し患歯を特定するまで、今少し時間を置く事が大切です。

症状の緩和を急ぐあまり、あちこち治療箇所を増やしてしまうと、噛める場所が変わり食事が摂りにくくなる事になります。 この状態で治療を長期に中断すると、もはや他の歯も倒れだしついにはバラバラに、そして症状を正しく感知できなくなり不定愁訴に繋がってしまいます。

原因歯が特定できると即治療に入り、あんなに不快だった症状も嘘のようにスッキリしていきます。

❺ 笑顔で接するようにしましょう
いつも不快な表情をしていると、どこか痛いのか体調がすぐれないのか余計な部分にまで気を遣ってしまいます。体調が悪いときは仕方がありませんが、お互いのコミュニケーションの高さが貴方の病気を治すエネルギーになります。 笑顔で接するようにしましょう。

 結びとして、中には不定愁訴の原因が難治で重篤な病気が隠れている事があります。
その場合は
 専門医をお訪ねになるか、大学病院へのご紹介をお勧めします。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

ソレダメ!~歯がしみる=むし歯(>_<)

 歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、歯がしみるという症状について、ご説明します。

「冷たいものがしみる!」すると「むし歯」を思い浮かべた経験はありませんか?
「しみる=むし歯」というように全てが治療の必要なむし歯というわけではありません。

1本の歯の中には神経のほかに血管やたくさんの細胞の詰まった歯髄という組織があります。
この歯髄がむし歯やいろいろな刺激から歯を守ってくれています。

たとえば、よく耳にする知覚過敏症。歯の根元が削れたり歯茎が下がり露出部分が酷くしみたりピリッと痛かったりする症状がそうかもしれません。

健康な歯は正常に歯髄が働いていれば、修復する機能でやがては回復する事も多いのです。
自然治癒力を期待する他、知覚過敏処置、被覆及び修復治療などにより歯髄を温存する事も可能です。

次に、神経のある歯のむし歯を削ったり、冠など被せるため歯の周りを大きく削ったりしたあと、麻酔から醒めて 冷たいものが酷くしみたり、噛んだりすると痛かったりする事があります。

これは身体や歯髄が正常に働き、噛む力の制限や冷たい刺激を避けるよう信号を送ってくれていると理解すると良いでしょう。
決して慌てずしばらく刺激しないよう安静にしておいてください。

歯がしみる!触れた時だけ痛い!などの症状が一過性の場合は、神経はまだまだ健全な範囲だと考えていいと思います。

これとは逆に、痛みの持続時間が長い場合やその痛みが非常に強い場合は 既に炎症が広がり歯髄が変性し、もはや回復する事は困難となります。
主治医の診断の上で、悪くなった神経を抜いて早く痛みを止めてあげる事が大切です。

ほら、あんなにひどかった痛みから解放されたでしょ!(;^ω^)
神経を抜いた後も適切な治療の後には、以前と同じように食事を摂ることができます。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

必見!!削らない歯の治療とは

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、むし歯を「どの時期で治療する(削る)のが良いか」についてお話しします。

最近、「歯を削らない」と提唱する医院が増加しました。確かに健康な歯質を失いたくないですよね。では、どんな状態になったら 歯(むし歯)を削る必要が出てくるのでしょうか?


私は初期のむし歯は、お口の環境を改善し、再石灰化など歯の強化を図れば削らずに済むと説明しています。
但し、進行すると診断したむし歯は早めの治療を勧めています。

さらに、以前に詰めてある(治療している)歯の再治療については、精査の上で必要に応じ 早めの治療をお勧めしています。
なぜかというと、数年から複数年経過した詰め物は、接着剤やセメント、材料の性能が現在より低い事も多く、内側から劣化が進むと中からむし歯が大きくなる要因にもなるからです。
上の画像では、左から3歯全てが対象となります。

治療と称して、また削られるのは嫌、不安ですよね。
でも皆さん安心してください!!
早期に再治療する歯は、むし歯の進行が少ないのです。つまり、歯は新たに削らずに、新しい品質の充填材料を優れた接着技術を使って詰め替えたら良いからです。
歯をあまり削られることなく、より安心安全な環境にしてあげる事が重要なのです。



治療により詰められた人工物は、咀嚼という機能により酷使され、いずれ劣化していくものなのです。
間違っても、歯は削らない方が良いと勘違いしないでください。

「歯をあまり削らない」の真意は、「健全な歯を出来るだけ残す事なのです。」

詰め物が取れてから治療をすれば良いと思って油断していると、むし歯の再発も見落としてしまいます。
それが本末転倒、新たにむし歯になった部分の歯を削る事になるのです。
私は、口腔内を精査し詰め物やセメントの劣化が疑われた時は、躊躇せず再治療をお勧めしています。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909