カテゴリー別アーカイブ: 歯が痛い

必読!!痛くない治療とは

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、お問い合わせでよく質問を受ける痛くない治療とは、どんな機械器具などを使っているのですか? について 

回答)まず、特別な事は何もしていません。と答えています。

治療が大掛かりで複雑になればなるほど時間も日数もかかり、痛みの要素が増えていきます。
出来るだけ侵襲の少ない治療法から選択する事が患者さんにとって痛みの少ない安心安全な治療に繋がると考えています。

また、麻酔注射を怖がる方がおられますが、麻酔する目的は 治療に際して痛みを和らげる事です。実際は、想像するより痛みが少なかったと、よく言われます。

具体的には、麻酔液は保温器にて体温37℃くらいに温めてあり、極細針を使用し、少しづつ一定の圧力で注入する電動式の麻酔器を使うなど 痛みをより少なくする配慮はしています。

私が気をつけている事は、治療中の痛みを感じさせない。麻酔がしっかり効いている事を前提で治療を行う。緊張などで麻酔の効きが不充分な場合、日を改めるなどして無理に治療は進めません。
ただ、それだけです。

1度体験されると、苦手意識は次第に薄れていきます。

最初に戻りますが、お問い合わせの質問の真意には、歯医者さんにかかりたいが歯の治療の際の痛みの不安が受診を拒んでいる事を裏付けていると考えて回答させていただきました。

身体は、風邪を引いても熱が下がれば元通りに回復します。でも、むし歯は削り取っても代用物に置換え噛めるようになりますが、残念ながら元には戻りません。
それを嫌ってむし歯を放置してしまうと、もう噛むことすら困難になってしまいます。

現状を精査し、進行するむし歯は出来るだけ早く適切な治療をする事が大変重要なのです。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

 

注目!! 歯を出来るだけ残す根の治療❣

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

歯内療法  CWCT法(Continuous Wave Condensation Technique)

今回は、歯を出来るだけ抜かずに残す、根管治療(以下、根の治療)についてお話しします。

神経を抜いた歯の何%か、数年後、歯茎が腫れて 再治療を余儀なくされることがあります。
これは、歯の根の先のところが炎症を起こしているか膿が溜まっている状態です。

歯が痛くなったとき、それがどの歯か判りづらく 痛みを何度も繰り返す厄介な疾患のひとつがこの慢性根尖性歯周炎です。
進行すると歯の寿命を縮めてしまう大きな要因となっています。
治療は、主に根の先や中の細菌がなくなるまで、消毒をしていくことです。
だから歯の根の治療は、日数も時間もかかるし かける必要があるのです。

神経を抜く治療は、歯髄(神経)の形態が指紋のように一人一人異なりかつ複雑なため 丁寧かつ繊細に扱わないといけません。
この最初の治療(抜髄)が歯の運命を決めると言っても決して過言ではありません。

最初の写真は、当院で取り上げた歯内療法の最新治療機器です。
歯の根の治療精度を高め、治療後の再発防止により高い効果を期待しています。

話が長くなりましたが、
根の治療は歯の寿命に大きく関わります。
生きている歯の神経が痛みだした時は、歯内療法の専門医か、一般医では根の治療に時間を厭わない丁寧な歯医者さんがおススメです。


上は、CWCT法で歯の根の中に詰め物を密に充填した画像です。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

 

必見!!歯を削らない治療とは?

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、歯を削らないと謳う歯科医院がHPで拝見されますが、貴方はほんとうに歯を削らずに治療が完了すると理解して良いのでしょうか?

むし歯を全く削る事なしに治療が可能なのは、初期のむし歯と考えられた方が良いと思います。

メディアの医療情報、米国〇〇大学研究機関の肩書など、むし歯を削り取らずに薬品のみで治す治療法が開発され 薬事法等 国内では未承認のため治療は自由診療。
このような情報や医療機関のHPなどから情報を得たとします。

むし歯が大きくなって、もう元には戻らないと諦めていた方が その情報を早とちりして大きな期待感を抱いてしまうと大変です。
私も、関心がある情報なので常に耳を傾けるようにしています。

最大のメリットは、感染したむし歯の一部を残しても、特殊なセメントの効果で歯質と神経(歯髄)を取らずに済む。決して偽りではなくそれなりの効果があると考えています。
他に、
ほんの初期のむし歯なら歯磨き粉のペーストやガムなどで修復する簡単な方法でも効果を期待できます。
それは脱灰した表面をCPP-ACPなどの成分の配合により歯の再石灰化を促すと考えられています。

デメリットもあります。
特殊なセメント、歯磨きペーストやガム、共通していえる事は、その効果が現れるのは、数か月から数年。
つまり想像以上に長期間の月日がかかるのです。

注意点は、薬品の効果を確認するため専門家の定期的な観察が必要になります。
それを怠り放置した結果、むし歯が進行し 痛みが強く出て神経も取らなければならなくなったという笑えないケースも出ています。

誤解を恐れずに云わせていただくと、歯を削られることが良くないと思わないでください。
やはり感染したむし歯は早めに除去し神経を温存する事が必要だと私は考えています。
その場合、健康な歯の部分は出来る限り削らないことを、提唱しているのです。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

必見! こんな前歯に要注意!!

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は前歯の歯と歯のあいだに、穴は空いてないけど黒くなっていることに気付いていないか
お尋ねします。

上の写真をご覧ください。

もしまだ痛みが出てなかったら、一刻も早く歯科医院を受診してください。
神経を抜かずに済んだら幸いです

むし歯が進んで痛みが出てしまうと、抜髄といって神経を抜かなければならなくなります
その処置により今までの痛みは嘘のように止まり何度かの根の消毒の後、目立たないように治療は完了します。
ところが神経を抜かれた歯は、やがて歯の色は黒く変色していきます。
そうなると歯全体が黒くなって審美性を損なってしまい、元の白い歯を取り戻すには歯を大きく削ってかぶせ物をすることになります。

幸い、神経を抜かずに済めば下の写真のようにきれいで目立たず治療も1回で完了します。

むし歯の部分は目立たずきれいに修復されています。
でも、もう再発は許せません。次は、神経を取る治療になるからです。

今後はむし歯にならないように ブラッシング方法を改善したいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

 

必見!! えっ、こんなになってしまうの?

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、歯ブラシの誤った使い方の弊害についてご説明します。

歯の表面は、エナメル質と呼ばれる 非常に硬い材質「水晶(モース硬度7)と同じくらいの硬さ」で覆われています。
この部分は、硬い歯ブラシの先でも削られたりしません。

ところが、歯と歯茎の境から下はセメント質と呼ばれ 骨と同程度(歯よりかなり柔らかい)、そして内部は象牙質と呼ばれ、エナメル質と比較するとかなり柔らかい組織です。

歯周病(歯槽膿漏)が進行し歯茎が下がると、この柔らかい組織が露出してしまい、横磨き擦(こすり)などの誤った歯ブラシの使い方が習慣になっていると、上記のように表面が削れ えぐれてしまい(楔上欠損)、知覚過敏や歯髄炎などの原因になってしまいます。他に噛み合わせの応力という原因もある。

軽度の場合は 上記のように 修復が可能になりました。

まずは、誤った歯ブラシの使い方を直す事が大切です。
当院では、こういう症状の方に正しい歯の磨き方のポイントをアドバイスしています。

 

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

知っとくと役立つ~ 歯医者さんをどう選ぶ?

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

現在、標榜できる歯科診療科名は、歯科・矯正歯科・小児歯科・歯科口腔外科 です。
この表示だけでは、貴方がお口の症状によって選ぶ基準としては不親切ですよね。
そこで歯科医院のHPでは、インプラント、審美歯科、予防歯科、など専門科目を補足せざるを得ません。

ところが、標榜がたくさんあるから、その医院は何でもできて便利と鵜呑みにしてはいませんか?
以前に同ブログ(歯科医院の選び方2)で公開したように
理由はいくつかありますが、それを含め、こんな角度から探すのは如何でしょうか。

❶ 歯医者は苦手で、しばらく受診していなかったら、まずは予防歯科・一般歯科を標榜の医院で良いと思います。 
このような方は、意外と多いのでは?
( HPで、たくさんの診療科目を標記していない医院がポイントです。口腔外科やインプラント科などの表記のない歯科が第一選択です。
そこで診断を受けてみて、必要な時は、専門医・大学病院を快く紹介してくれる医院ならベストです。)

❷ 転んで歯を1,2本失った。他の歯は、しっかりしている。
こんな場合は、インプラントを表記した歯科をお薦めします。
(失った歯の両横の歯を削らずに済む可能性が高い。歯周病にも罹患してないのであれば。)

❸ 歯周病(歯槽膿漏)がひどく奥歯など何本か歯のない部分が多く食事が満足に摂れない。
口腔外科、インプラントを表記していない一般歯科で かつ義歯(入れ歯)の評価の高い歯科を選ぶと良いと思います。
(進行した歯周病で歯を失った方は、先でまた新たに歯を失う確率が高いので、早いうちに入れ歯に使い慣れておく事が、将来において大変重要です。安心安全で最適な選択です。)

❹ 矯正治療は、矯正歯科のみ標榜の専門医をお勧めします。
(現在、矯正治療は 保険適用外です。さらに長期間の治療になるため、正確な診査診断を受ける事が大切です。予後の想定の他、デメリットについても説明を受けて下さい。充分納得した上で治療を受ける事をお勧めします。抜歯など必要な場合は、信頼できる専門医を紹介してくれると思います。)

❺小児歯科は、評判の良い医院があれば、受診してみてください。
(ただし、3歳までに多数のむし歯が出来てしまった場合は、本人の自覚がないまま無理やり治療を強制してしまうと、大人になっても苦手で放置してしまう事が多々あります。まずは、主治医のアドバイスを聴き 現状の治療より予防に努め、これ以上むし歯にならない環境にしてあげる事が、生涯にわたって重要だと考えています。)
良いアドバイスが聴ける経験豊かな一般医でも良いと思います。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

 

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

必見!治療した後の歯の痛み

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、治療後の歯の痛みについて説明させていただきます。

むし歯の治療で歯を削って詰めたり、型を取ったりした後、麻酔が醒めてからの食事で歯が痛くてものが噛めなかったり、冷たい飲み物がしみたりした経験がありませんか?

神経の生きている歯は 治療による刺激、麻酔による影響などで、数時間から数日間 痛みが出ることがあります。 その場合、主治医などから術後についてのアドバイスを確認した上で、慌てず 数日間は様子を診てみる事が大事です。

これは、身体が反応して、治療した歯に無理をさせないように、安静期間をおかせていると考えて下さい。 

誤解を恐れずに云うと、慌てて主治医に痛みを訴え続けると、それに応えてあげなければとときに本意ではありませんが、残せる可能性のある神経を取らざるを得なくなる事もあります。

歯を削るという事は、身体の一部に損傷を与えるのですから、身体が正しく反応した結果、一定の期間、痛みを感じたりする事もあるのです。

 

もちろん、治療後 何事もなく回復することがほとんどだという事も申し添えておきます。

なお、治療後から痛みが日に日に増長していく場合は、この限りではありませんので、次の治療が必要になります。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

 

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

 

必見!きっと、治るよ、治そうよ!!

歯科治療 

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、ずっと放置していた たくさんのむし歯、どうせ治らないと諦めていた方の解決の糸口についてご説明します

あなたは、自分のお口の中を見て むし歯だらけで こんなにひどい状態の患者は他にいないだろう。
治してもらいたいのは山々だけど、どうせ治せないだろう。と、半ば諦めていませんか?

でも、諦めないで下さい!!
貴方さえ、意識を変え 治す気になり 医院の門を叩けば (^^)/

        


        

上のむし歯、たった3回の治療でここまで!
さあ、貴方が治す気になるキッカケになると嬉しいです。

もちろん、全ての治療がこんなに簡単にはいきません。
でも、ほとんどの治療を、3,4か月の期間を想定したプランで 成功に導いています。
さあ、1日でも早く行動を起こしてください!!

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

 

知っておくと役に立つ!!白い詰め物 CRの利点、欠点

歯科治療 

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、歯の治療に用いられる白い詰め物(コンポジットレジン。以下、CR)についてご説明します
CRは、合成樹脂(レジン)にフィラー(ガラスやセラミックなどの鉱物の微粉末)を混合して作られています。高い強度を持ち、色や透明感などが天然の歯に近いという特長を持っています。


利点)
1.むし歯1本に対し即日治療が可能。
お口の中で材料を充填し硬化させて治療するため通常1回の治療で完了する。
2.治療後の不具合が少ない。
削る量が最少、強力な接着材で封じ込めるため刺激が少なく知覚過敏や疼痛が少ない。
3.白く目立たない治療が可能。
個々の歯の色に合わせて材料の調整が出来るため、審美性に優れる。
4.リペア(修理)が可能。
欠けた部分のみの修理可能で、歯の負担が少ない。
欠点)
1.1回の治療に時間が必要。
形態や色の調整をお口の中で行うため1回の治療時間が長い(通常20~40分)
2.欠けたり剥がれたりしやすい。
お口の中は水中と同じで湿度が高く、それに食事の度に咀嚼による衝撃が欠かせないなど、材料の耐久には 過酷な条件のため、剥がれたり欠けたりしやすい。
それでも、その部分のみの修理が可能。
3.術者の技量が最も現れやすい。
治療を全て狭いお口の中で完了させねばならないため、成形、色調など仕上がりの美しさを 含めて、歯科医師の技術、センスの差が大きい。

ダイレクトボンディング法(自費診療)
保険適用の充填法の利点、欠点を 技術、材料で上回るメソッドをご紹介します。
ダイレクトボンディング法は、高品質CRを何層にも塗り重ねて歯の色や形状を修復したり、高度の技術で歯の繊細な形態を再現した最高マテリアル・テクニック充填法です。

ダイレクトボンディング法は、保険適用のコンポジットレジン充填とは異なり、仕上がり後の歯の審美性を重視する施術法なので、使用するコンポジットレジンも、保険適用で使用するものよりも審美的に高品質で患者様の歯の色に合わせた自然な仕上がりが期待できます。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

 

知っておいて欲しい! 私のむし歯ってこんなに大きいの?

歯科治療 

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、私のむし歯ってこんなに大きいの? むし歯の大きさについて

左上の画像は 銀歯の治療の為に3本のむし歯を削った部分です。通法では、この部分に銀歯を装着します。
右横の画像は 銀歯をやめ、白い充填物(コンポジットレジン以後、CR)にて修復した画像です。

上の画像の左は治療前、中は治療中、右はCR治療後。
どこを治療したのか わかりますか?

大きくなったむし歯は、冷水痛などが起こりやすくなりますし、とくに神経の保存に細心の注意を払わなければいけません。
 その次に示した画像のCR修復の治療後は、もちろん何事もなかったかのように予後良好です!
出来るだけ、むし歯を取る部分を最小限にしたいものです。

抜髄(俗にいう神経を取る)まで進んでしまうと、次には歯質の補強が必要になり一気に冠を被せる治療法に進む可能性が出てきます。

私は大きくなってしまったむし歯も出来る限り神経を保存する努力を惜しみません。
一旦、冠を被せるまで進むと、その後は歯の寿命のカウントダウンに直結していくからです。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら