カテゴリー別アーカイブ: 痛くない歯の治療

#痛くない治療って、どんな?

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、「#痛くない治療って、どんな?」についてお話しします。

当院には、痛みに関するお問い合わせをよくいただきます。
私は痛みの分類を「物理的」と「精神的」と概ね 2つに区分しています。

問い合わせ例
「小さい頃、歯の治療を受けて痛かった事を記憶していて恐怖心がある。

 とにかく、痛いのは苦手。具体的に笑気麻酔とか、表面麻酔等、どんな治療をしているか?」
 と、尋ねられられる事があります。

回答)
特別な事は何もしていません。
初めて来院された方は、診療室に入られた後、最初にスタッフが問診を取るようにしています。
主訴を伺い、患者さまよりご要望をお尋ねします。
その間に徐々に治療室内での緊張を和らげてもらいます。
その上で、スタッフより医療情報を集約し伝達の上、
あらためて主治医がご挨拶し診察を行います。

状況を鑑みた上で、当日治療に入る場合は物理的な痛みに対しては出来るだけ感じさせないよう、適宜 麻酔などにより痛くないように効果を確認した上で入るようにしています。
不安感、恐怖心がほぐれていないと感じた時は、治療は次回にする事にします。

緊張が解かれ痛みが少ない事がわかると、治療のほとんどはその後とてもスムーズに進める事が出来ます。

問い合わせ
「以前に歯の治療を受けて痛かった事がトラウマとなり精神的に恐怖心がある。
診療室に入っただけで、削る音、麻酔全てダメ!! 具体的にどんな治療をしているか?」

と、尋ねられられる事もあります。

回答)
ある程度の恐怖心、不安感は誰にでもあるのが普通と考えています。
しかし、中には「診療室に入っただけで、削る音、麻酔全てダメ!!」もはや、治療する行為そのものを拒否してしまうくらいにメンタル面での強い恐怖心を訴えられる方には、まず治療を受ける前の前準備として、大学の専門医の受診をお勧めしています。

例えば、市内にある九州歯科大学は、各専門の診療科がおよそ20科もあり、細分化によりあらゆる歯科領域の疾患に丁寧に対応しているようです。
来院すると、まず診断科にて診査診断を受け、その中で最適と考える専門科にて受診する事になります。上記の場合「あんしん科」、いわゆる心療内科的な診療科をご紹介されるかもしれません。
特に長年お悩みの方には、きっと解決の糸口になるのではと考えています。

当院では、実際にご紹介し専門医にて事前診療の上、精神的に安定した状態の上でその後の本格的治療が可能になった患者様もおられます。

重要な事は、治療の必要なむし歯や疾患がある事がわかっていながら放置し続け、取り返しのつかない状態にしてはいけません。
当院にて、ご紹介する事も可能です。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

 

#貴方のお問い合わせ、予約、こう尋ねると効果的その2!! 

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、「#貴方のお問い合わせ、予約、こう尋ねると効果的 その2!!」をお伝えします。

当院では、メールやお電話と 日によっては1日に何度も お問い合わせをいただきます。

その中で、
お電話でのご予約
について
急に歯が痛くなって、ネットを見て 即 診てもらおうと希望する時のコツ!!

どなたも、上手な歯医者さんに診て欲しいと願いますが、緊急の場合のコツをお教えします。

貴方が当日、すぐに診てもらおうと電話する気持ちはわかりますが、特に夕方など特定のお時間を指定したくてもアポイント制の医院では
既に約束した患者さんで埋まっていて空いた時間がないのが普通です。
まず貴方はその状況を正しく理解する必要があります。
貴方を診る場合、既に約束した患者さんに迷惑がかかる事を前提でその間を割いて受診する事になります。

こういう方法があります。
もし受診したい医院で空きがない場合、とりあえず後日に受診できる時間をその医院に約束しておくのです。
痛みがMAXで、すぐにでも痛みを和らげてもらうには、とにかくそこ以外で最も近くの歯科医院を探し診てもらうのです。
乱暴な言い方ではありますが、緊急の場合は どこで診ようと投薬など ほぼ同じ処置を施す場合が多いからです。
まずは痛みを取ってもらう事が第一なのではありませんか?

痛みが和らいだ後、あらためて約束しておいた医院で受診すると良いと思います。

たまたま緊急で診てもらった医院が思ったより印象が良かったらそのまま続けられても良いと思います。
近くで、通院しやすいという利点もあります。
上手な歯医者さんは、ネット以外にも 多く存在しているのです。

もちろん、約束した医院には必ずキャンセルの電話をしてくださいね (^^)

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

 

#目立たないむし歯の治療のポイント!!その2

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、「もっと大きなむし歯の治療のポイント」をお伝えします。

歯の治療の際に白く目立たない治療跡が好まれています。
今回は、むし歯が大きくなり治療範囲が広い場合 どういう材料を選択するのが適切かを説明したいと思います。

CR充填という治療、特に奥歯はお口の狭い空間での治療になるため繊細なテクニックを必要になります。
私にとっては被せるくらい大きなむし歯でも、充填自体は行う事が出来ます。

しかし、奥歯は咀嚼という摂取した食べ物を咬み、粉砕する機能を持っています。
噛む力(咬合力)は奥歯1本で自分の体重以上の力を発揮します。
歯に詰める充填物は、例えば体重60kgの人は何と1本の歯にそれ以上の強度が必要なのです。

わかりますか?
そのため、むし歯の部分が浅くて広範囲の充填では、咬む力に負け欠けてしまう事がよくあります。

        

ほらね!!
薄くて広範囲だと、短期間で欠けてしまいます。
これは、ダメです!!

こういう場合は、保険では、メタルアンレー(銀歯のかぶせ物)
白く美しく修復するには、自費治療で より強度のあるセラミック、ジルコニア、などを選択すると良いと思います。

適切な材料を選択して治療を行う事が重要です。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

#歯は削らない方が良いと思っていませんか?

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、「#歯は削らない方が良いと思っていませんか?」
について説明したいと思います。

下の画像、前歯を失ってしまいました。
さて、このあと貴方ならどうしますか?

インプラントにしますか?
入れ歯にしますか?
それとも、両隣の歯を削って被せるクラウンブリッジにしますか?

両隣が健全歯だから、インプラントという選択肢が浮上します。
ブリッジにするのだと両側の歯を大きく削る必要があるので それは避けたい。
と考えますよね。

私は、前回(奥歯)と同様に どれも選びません!!

上の画像を診て下さい。
両隣の歯の裏側を高精度で最小限に削り「形成」し、高度のテクニックをもった技工士が歯の両裏側をリンクさせ失った前歯を製作、完成した前歯を装着しました。
(「形成」とは、必要最小限の関与にて歯を削る Preparation する事です。)
この治療、装着まで2回、わずか1週間程度の期間です。
分類ではブリッジの一つですが、独自のテクニックで健全な歯を究極的に残しました。

人工の歯も、とても良く出来ているでしょう (^^)

「 手術など身体への負担を避け、歯を出来るだけ削らず、短期間に機能を回復することが選択の理由です。」

歯を削らないという風潮に惑わされ、歯科治療の本質を見失ってはいけません。
必要以上に歯を削らない事です。
歯を削ったからといって歯の寿命が大きく損なわれる事はありません。


治療法には、それぞれに利点があります。
特にデメリットについては主治医の説明をよく聴いて正しく理解して下さい。

歯をいつまでも失わず永く残していくには、日常の自己管理だけでは不安はありませんか?
ホームドクター(かかりつけ医)を見つけ、長期に渡りメンテナンスしていく事が大切です。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

#貴方なら、どの治療法を選択する? 

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、「貴方なら、どの治療法を選択する?」です。

下の画像、真ん中の大きな歯がグラグラになり、抜歯になりました。
歯と歯の間が抜けています。

傷が治ったら、ここにちゃんと歯を入れておかないといけません。
長期間放置してしまうと両隣の歯が傾斜し、下の歯が抜けてきたりして お口の環境を大きく破壊していきます。
さて、このあと貴方ならどうしますか?

インプラントを選択しますか?
それとも、両隣の歯を被せてクラウンブリッジにしますか?
入れ歯にしますか?

私は、どれも選びません!!

理由は、
1.インプラント・・・両隣の歯は既に治療歴があり健全歯ではない。他に複数の選択肢あり
2.入れ歯・・・両隣は治療歯、少数歯の中間欠損。他に選択の余地あり
3.ブリッジ・・・クラウン(冠)被せるには歯質を削る量が多い。

この症例では、両隣に詰めてある銀歯を外し、連結部分を最小限に形成し両隣の歯を繋いで、インレーブリッジとしました。
既に治療して銀歯を詰めた部分を利用すれば容易に欠損部分の機能回復が可能なためです。

「 手術など身体への負担を避け、歯を出来るだけ削らず、短期間に機能を回復することが選択の理由です。」

写真のように保険適用内で実施しましたので銀歯のブリッジとなりましたが、予算が許せば 全て白い歯のブリッジにする事も出来ます。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

「まだ無症状なのに、むし歯?」の盲点!!

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、「まだ無症状なのに、むし歯?」の盲点について説明したいと思います。

「こんなむし歯、貴方は発見できますか?」

下の画像、貴方はどの歯がむし歯になっているか発見できますか?


歯科医自身も、うっかり見落としてしまい易い 事例です。

丸いデンタルミラーの中、左端の奥歯はすでに治療されてます。
真ん中の歯の黒い部分・・・・・・・?。

違います!!
下の画像の通り


こんなところに むし歯が潜んでいたのです。

慎重にむし歯の部分を除去していくと、かなり大きなむし歯でした。
なんと、
むし歯は2本、左の第2小臼歯は両側とも むし歯です。全部で3か所。
気をつけて欲しい「歯と歯の間」。

この場合、滲みたり痛みがない無症状でも、悪い部分を削り取って治療を施さなければいけません。
見落としていたり放っておくと、どんどん進行して 歯髄(俗名 神経)まで浸潤してしまいます。
歯を削られたくない! 歯を削らない! の 風潮から むし歯を放置されやすい事例が 増えているように感じています。
「まだ我慢できるから様子を見て、症状が出てから受診しよう。」なんて思われている方いませんか?
当院では、最近 新型コロナウィルス自粛の影響などもあり、治療のタイミングが遅れむし歯の進行で 受診した時には歯髄を温存できるか否かで 難しい選択を強いられています。
せっかく歯髄を保存してみたものの、結局、高い確率で神経を取らざるを得ない事になります。
残念です!


この事例は、むし歯をきれいに除去して、治療を完了しました。
救いは、歯髄を取らずに済んだ事です。

 こういう症例では、歯ブラシとは別にデンタルフロスを上手く利用しましょう!!

定期健診ではこのようなむし歯を、早く発見出来る事がよくあります。
もちろん、むし歯にならないように お口の健康のお手伝いをしていく事が 当院の定期健診の狙いです。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

歯を出来るだけ残す、根の治療の今!!

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。


今回は、歯を出来るだけ抜かずに残す、根管治療(以下、根の治療)についてお話しします。

根管治療
(歯の神経を取ったあと、根の中に細菌等が入らないように詰め物をする治療を指します。)
むし歯を放置しひどくなると、歯の根の先端に膿がたまるようになります。
上のイラストがその状態です。
以前はこれを繰り返すと中々治らず、ついには抜歯になる事も多かったのですが、現在は、根の治療精度が向上し、確実な殺菌消毒により感染源を絶つことで膿が消滅し歯を残せるようになってきました。

歯髄を除去する(いわゆる歯の神経を取る)治療
歯の神経を抜く治療、炎症や感染を起こしてしまった歯髄は、ひどい痛みも伴います。
まず痛みを止め、病変がまわりに広がらないようにするため神経を取らなければいけません。

よく神経を取ってしまうと歯の寿命が縮まると云われますが、それは正確ではありません。
神経を取ったからといって、歯が弱くなり歯周病になりやすくなったり早く抜歯になったりするとは限りません。
歯にとって感染し有害な状態となった神経を取り去り、適切に治療を行えば、神経の残っている歯と寿命は変わらないと考えています。
そうならないようにきちんと治療を行うのが歯科医の役目なのです。



根管充填(歯の根の中をきれいにし細菌等が入らないように詰め物をする)治療
取った神経の鞘は、細菌等が侵入しないように詰め物をしておきます。
実はこの根充といわれる仕上げの治療が、非常に煩雑で難しいのです。
私自身も、より優れた治療法を求め、3年前までの治療法から、2年前、1年前と新たな術式に変更してきました。
目的は、歯の寿命を延ばすために、細菌等の侵入を防ぐための確率を高める事です。
昨年より、従来の発想を変えた新たな術式を取り入れる事にいたしました。
この治療法が、現在、最も目的に適うと確信しています。


上の写真は 安全確実なシングルポイント充填法での材料と術後のレントゲンです。
この術式が、治療後の再発防止に高い効果を発揮する事を期待しています。

話が長くなりましたが、根の治療は歯の寿命に大きく関わります。
生きている歯の神経が痛みだした時は、歯内療法の専門医か、一般医では根の治療に時間を厭わない丁寧な歯医者さんがおススメです。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

 

痛くない治療を受けたいの本質について!(その3)

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

先々月の続き、痛くない治療を受けたいの本質について!(その3)
実際の治療についてお話ししたいと思います。

* 当院では、出来るだけ侵襲の少ない治療から進めています
最初に痛みが少ない治療を受けると、次からの受診で「お互い」の身体の緊張がほぐれ、安心して治療が受けられるようになります。
お互いと書いたのは、私自身にも患者さんの緊張の具合が伝わります。共にリラックスした上で治療を進めることが、安心安全でやさしい治療に繋がっていると考えています。


* 痛みの症状が現れてきたときは、軽いうちに受診する
軽いうちにと書くと痛みの強さを思い浮かべますが、症状の軽さも含みます。
症状とは、「歯の間に物が詰まる。冷温痛がしみる。入れ歯の不具合。」など、ご自身が気になっている症状を放置してはいけません。

* むし歯の症状に注意する
ズキンズキンと沁みて痛かった歯が、まだ治療も何もしてないのに、沁みなくなった。
それは治ったわけではなく歯の神経の一部が死んで次に進行した可能性も否定できません。
それでも放置していると、ある時からもの凄い痛みが出現したり、慢性化すると何度も腫れて膿が出る症状を繰り返し、ついには歯を残せなくなる事にもなります。

* 冷たいものが沁みる症状に注意する
冷たいものが沁みると訴える患者さんを目にします。
しかし、冷たいものが沁みるだけで全てむし歯だと早合点しないでください。
その瞬間だけなど一過性の沁みる症状なら健全な範囲とご理解ください。
知覚過敏予防などの歯磨剤でしばらく経過を見てください。

それでも不安なようでしたら、歯科医院にて知覚過敏処置を受けると良いと思います。 

* どの歯が痛いか特定できない
むし歯が進み歯の頭の部分が無くなっても、抜かずに残せる可能性もあります。
しかし長い間むし歯を放置してしまうと、いざ痛みが出現した時どこがどのように痛いかうまく表現できず、すぐさま処置に入れない方を何人も診てきました。
悪い歯が特定出来ないうちは治療にかかれません。
それはいつまでも酷い痛みに耐えなければならないことになります。

どこがどの様に痛いか明確にわかる内は、より早く痛みを和らげる事が出来ます。

お口の健康を疎かにすれば、外科手術や
高度な医療が必要となるかもしれません。
治療が複雑になればなるほど、当然、来院日数も期間も伸び、痛みを伴う機会もどんどん増えていくでしょう。

*特に症状のない方も 定期的な専門的ケアをお勧めします。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

痛くない治療を受けたいの本質について!(その2)

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、痛くない治療を受けたいの本質について!(その2)
受診する側の心構えとご協力

痛みは、治療に対する不安が大きいと増長すると云われています。
治療を受ける側にとって、診療室内の雰囲気はとても影響があると考えています。
受付、スタッフ、主治医を含め 診療室内が 温かく明るい雰囲気 和やかな空気の中で治療に入る事が出来ると 心が落ち着き痛みを和らげる効果があります。
反対に恐怖心、緊張感で神経をとがらせていると ちょっとした刺激でも痛く感じる事があります。


もっとも、初対面では 多少とも緊張と不安感は否めませんよね。

具体的には、診療室に入って 貴方と接するスタッフが明るくて伸び伸びと仕事に従事しているのを見るとどんなに気持ちが良いでしょう。
また担当する主治医が経験の豊富な医師で 優しく接してくれたら どんなに緊張感を解してくれるでしょう。
当院では、それが痛みを和らげる効果に一役買っていると考えています。

そして最も大事なのが、貴方自身の心構えとご協力なのです。
上手にスタッフ、担当医とコミュニケーションを取るのです。
疑問があれば 落ち着いて穏やかに質問をされてみては如何でしょうか。それに対して主治医、スタッフは 優しく丁寧に応じてくれる筈です。
お互いが優しく接する事でご自身の不安を解き、事前の説明、術後の注意事項に耳を傾け、共感の上で、最小限の治療から進めていくと 痛みの少ない安心した治療が受けられると考えています。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

次回は、痛くない治療を受けたいの本質について!(その3)
治療の実際についてお話ししたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

痛くない治療を受けたいの本質について!

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、歯の治療で「痛くない治療を受けるには」について 

歯の治療を受ける上で、避けては通れないのが麻酔注射です。
麻酔は、治療中に感じる痛みのほとんどを最小にしてくれる大事なアイテムです。

麻酔注射を怖がる方は、麻酔針が粘膜と触れる一瞬のチクリでしょう。
麻酔針は、細いほど抵抗が少なく痛みを和らげると云われ 10年くらい前から比べると、太さを示す数値が30Gから33G、35Gと従来の太さから極めて極細になってきており、感じる痛みはより少なくなってきています。
更に、麻酔液の温度は体温近く温めてあり痛みを和らげる配慮がされています。
蚊に刺される程度とイメージされると良いと思います。

実際は、もう少しは感じるかも・・・・。

麻酔がちゃんと効いた上で治療を受ければ、多くの歯の治療は痛みをあまり感じることなく安心して終える事が出来ます。

この他にも痛みを和らげる要因を いくつか挙げる事が出来ます。

次回は、「痛くない治療を受けたいの本質」その2、続きをお送りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909