注目!! 歯を出来るだけ残す根の治療❣

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

歯内療法  CWCT法(Continuous Wave Condensation Technique)

今回は、歯を出来るだけ抜かずに残す、根管治療(以下、根の治療)についてお話しします。

神経を抜いた歯の何%か、数年後、歯茎が腫れて 再治療を余儀なくされることがあります。
これは、歯の根の先のところが炎症を起こしているか膿が溜まっている状態です。

歯が痛くなったとき、それがどの歯か判りづらく 痛みを何度も繰り返す厄介な疾患のひとつがこの慢性根尖性歯周炎です。
進行すると歯の寿命を縮めてしまう大きな要因となっています。
治療は、主に根の先や中の細菌がなくなるまで、消毒をしていくことです。
だから歯の根の治療は、日数も時間もかかるし かける必要があるのです。

神経を抜く治療は、歯髄(神経)の形態が指紋のように一人一人異なりかつ複雑なため 丁寧かつ繊細に扱わないといけません。
この最初の治療(抜髄)が歯の運命を決めると言っても決して過言ではありません。

最初の写真は、当院で取り上げた歯内療法の最新治療機器です。
歯の根の治療精度を高め、治療後の再発防止により高い効果を期待しています。

話が長くなりましたが、
根の治療は歯の寿命に大きく関わります。
生きている歯の神経が痛みだした時は、歯内療法の専門医か、一般医では根の治療に時間を厭わない丁寧な歯医者さんがおススメです。


上は、CWCT法で歯の根の中に詰め物を密に充填した画像です。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です