歯を永く維持する方法

できるだけ削らない治療について 

56CR術前IMG_0852   治療跡?矢印 819-70   56CR術後HDRIMG_0855

そして、治療の痕跡を残さない                                                                              進行した虫歯は、感染部分を除去して修復します。                                                         従来の歯型を採って埋める方法だと、かなりの量を削らなければなりません。                       これが虫歯の部分のみを除去して充填する方法だと、最少部分だけで済みます。

次に、目立たない治療跡の特長ですが、もうひとつ大きなメリット                            それは、大きく削らない事=治療中の痛み、治療後の痛みも少ない事に繋がるのです。 

簡単に云いましたが、型を採ってお口の外で作業する方法と、お口の中で治療する方法では、手法がかなり異なります。                                                           最大の違いは、前者は歯科技工士による仕事、後者は歯科医師自身による仕事(治療)だからです。

お口の中での仕事(治療)は、小さく特殊な器具を用いて複雑な歯の構造に対応する必要があるため、多くの経験と熟練したテクニックが成功の秘訣です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です