必見!! 銀歯の詰め物の落とし穴! 

歯科治療 

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。
今回は、治療の状況から


 例1. 奥歯が冷たい水を含んだ時に沁みたけど、むし歯でしょうか?銀歯が詰めてあります。

回答・・・驚くなかれ、銀歯の中身!!


上の図は、ちゃんと詰めてあると思われた銀歯の中、2本ありますが、とくに左の歯はセメントが溶けてむし歯が再発していました。 隣りの歯も一部虫歯になりかけています。
たとえ症状がなくても推定5年以上経過した詰め物、一度検査しておく必要があります。
自然と外れてからでは、さらにむし歯は進行しています。


上の図がむし歯の治療を終えきれいに修復した白い歯です。
でも、むし歯が消えてなくなったわけではありません。

必要最小限の治療で、安全に充填した白い詰め物
です。
もうセメントが溶けて外れることはありませんが、一生ものではありません。
定期的ケアが大切です。

むし歯が大きくなる程、奥歯になればなる程、きちんと充填する技術はより高度になります。
上記を見て不安を感じたら、むし歯 歯周病予防に特化した当院に是非ご相談ください。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です