痛くない治療を受けたいの本質について!(その3)

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

先々月の続き、痛くない治療を受けたいの本質について!(その3)
実際の治療についてお話ししたいと思います。

* 当院では、出来るだけ侵襲の少ない治療から進めています
最初に痛みが少ない治療を受けると、次からの受診で「お互い」の身体の緊張がほぐれ、安心して治療が受けられるようになります。
お互いと書いたのは、私自身にも患者さんの緊張の具合が伝わります。共にリラックスした上で治療を進めることが、安心安全でやさしい治療に繋がっていると考えています。


* 痛みの症状が現れてきたときは、軽いうちに受診する
軽いうちにと書くと痛みの強さを思い浮かべますが、症状の軽さも含みます。
症状とは、「歯の間に物が詰まる。冷温痛がしみる。入れ歯の不具合。」など、ご自身が気になっている症状を放置してはいけません。

* むし歯の症状に注意する
ズキンズキンと沁みて痛かった歯が、まだ治療も何もしてないのに、沁みなくなった。
それは治ったわけではなく歯の神経の一部が死んで次に進行した可能性も否定できません。
それでも放置していると、ある時からもの凄い痛みが出現したり、慢性化すると何度も腫れて膿が出る症状を繰り返し、ついには歯を残せなくなる事にもなります。

* 冷たいものが沁みる症状に注意する
冷たいものが沁みると訴える患者さんを目にします。
しかし、冷たいものが沁みるだけで全てむし歯だと早合点しないでください。
その瞬間だけなど一過性の沁みる症状なら健全な範囲とご理解ください。
知覚過敏予防などの歯磨剤でしばらく経過を見てください。

それでも不安なようでしたら、歯科医院にて知覚過敏処置を受けると良いと思います。 

* どの歯が痛いか特定できない
むし歯が進み歯の頭の部分が無くなっても、抜かずに残せる可能性もあります。
しかし長い間むし歯を放置してしまうと、いざ痛みが出現した時どこがどのように痛いかうまく表現できず、すぐさま処置に入れない方を何人も診てきました。
悪い歯が特定出来ないうちは治療にかかれません。
それはいつまでも酷い痛みに耐えなければならないことになります。

どこがどの様に痛いか明確にわかる内は、より早く痛みを和らげる事が出来ます。

お口の健康を疎かにすれば、外科手術や
高度な医療が必要となるかもしれません。
治療が複雑になればなるほど、当然、来院日数も期間も伸び、痛みを伴う機会もどんどん増えていくでしょう。

*特に症状のない方も 定期的な専門的ケアをお勧めします。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です