新型コロナウィルス感染症と歯科治療(特別編)

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、新型コロナウィルス感染症と歯科治療
 社会的インフラとされる歯科医療の役目です。

現在、医療機関では医療従事者のクラスターと呼ばれる集団感染が起きています。
人の命を救う医療従事者が感染に陥れば、一体誰が命を助けてくれるのでしょう?
大きな要因は、感染者と接する頻度がそこに集中してしまうからです。

医療機関でも、歯科のように分野が違う医療では そこまで感染の伝播は少ないと思っていました。
社会インフラ(基盤)の必要性から完全休業は難しく、多くの歯科医院が患者さんに必要な医療を提供し続けています。
医院内では、新型コロナウィルスだけでなく、他の多くの感染、汚染に対し 常日頃から厳しく、予防対策を行ってきました。
現代社会を生きる多くの人は、これからも一定水準以上の感染予防が必要になってきました。  日本で今年、インフルエンザの流行が起きなかったことも、感染症に対して予防対策の重要性が証明されたと感じています。

歯科治療の現実は、いくら予防対策を徹底しても 「従事者と患者さんが近接。直接接触による飛沫。」という感染の可能性の高い環境に変わりはありません。

私たち歯科医療従事者が最も重要視している点は、目に見えないウィルスを外から持ち込ませない事です。

そこで医院に治療に来られる方は原則 健康な方のみ受診を継続しています。

1.現在が無症状でも、最近2週間以内に発熱(37.0度以上)、風邪症状、味覚嗅覚異常などがあれば軽度でも 受診をご遠慮願います。
2.糖尿病、呼吸器疾患、循環器疾患のある方は事前に申し出ください。
3.令和2年1月以降に、海外渡航歴のある方は 受診をご遠慮願います。
4.少しでも体調の悪い方、感染が疑われる方は 治療を延期させていただきます。

※ 上記の項目を全て了解の上で受診をお受けしています

尚、感染の不安のある方は歯科受診の前に北九州市新型コロナウィルス専用ダイヤル(093‐522‐8745 *24時間対応)にご相談下さい。

追伸:「厚生労働省が検体採取PCR検査を歯科でも可能に。」と不正確な情報がありますが、承認を受けた大学病院関係等 専門病院のみで、了解なしで一般の歯科医院が PCR検査等を実施する事はありませんので、誤解のないようにご理解下さい。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら
メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です