#歯は削らない方が良いと思っていませんか?

歯科治療

貴方が歯科医院を検索するとき、どんな基準で選びますか?

お口の症状や、治療経験を通して貴方の求める歯医者さんのポイントをアドバイスしています。

今回は、「#歯は削らない方が良いと思っていませんか?」
について説明したいと思います。

下の画像、前歯を失ってしまいました。
さて、このあと貴方ならどうしますか?

インプラントにしますか?
入れ歯にしますか?
それとも、両隣の歯を削って被せるクラウンブリッジにしますか?

両隣が健全歯だから、インプラントという選択肢が浮上します。
ブリッジにするのだと両側の歯を大きく削る必要があるので それは避けたい。
と考えますよね。

私は、前回(奥歯)と同様に どれも選びません!!

上の画像を診て下さい。
両隣の歯の裏側を高精度で最小限に削り「形成」し、高度のテクニックをもった技工士が歯の両裏側をリンクさせ失った前歯を製作、完成した前歯を装着しました。
(「形成」とは、必要最小限の関与にて歯を削る Preparation する事です。)
この治療、装着まで2回、わずか1週間程度の期間です。
分類ではブリッジの一つですが、独自のテクニックで健全な歯を究極的に残しました。

人工の歯も、とても良く出来ているでしょう (^^)

「 手術など身体への負担を避け、歯を出来るだけ削らず、短期間に機能を回復することが選択の理由です。」

歯を削らないという風潮に惑わされ、歯科治療の本質を見失ってはいけません。
必要以上に歯を削らない事です。
歯を削ったからといって歯の寿命が大きく損なわれる事はありません。


治療法には、それぞれに利点があります。
特にデメリットについては主治医の説明をよく聴いて正しく理解して下さい。

歯をいつまでも失わず永く残していくには、日常の自己管理だけでは不安はありませんか?
ホームドクター(かかりつけ医)を見つけ、長期に渡りメンテナンスしていく事が大切です。

※ 見識は 経験に基づく私見ですので悪しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だち追加
LINEお友だち追加をクリックし、ご登録いただくと貴方に役立つ情報と更新ブログを見逃さずお届けします。

・診療時間
月火木金 AM9:00~PM6:30
水 土  AM9:00~PM1:00
休診日 日祝日

メールでのお問い合わせ/ご予約
・作間歯科医院 へ予約はこちら 093-561-3909
公式サイトはこちら
専門サイトへはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です